Hunting

クラウドなハンターの終わり

猪鹿庁クラウドハンター、里山の獣害対策編。

獣害に困る里山にクラウドハンター達と入山。

里へ繋がる獣道を見つけ各々罠の設置のお手伝い。

最後にセンサーカメラを設置。

その後はそれぞれ自宅にてセンサーカメラを通じて罠の見張り。

約3週間の設置期間。

捕獲した獣は猪1、鹿3、キツネ1(錯誤捕獲につき放獣)。

最終日は参加者の皆様で謝肉祭(BBQ的な)をやろうと計画していたのだけど、まさかの最終日当日の捕獲。

急ぎでクラウドハンター達へ連絡し、現地へ来れる人だけで止め刺しの見学。

そして搬出の補助。

都会に住んでいても獣害対策に関われる方法はある。

そんなキッカケを作るクラウドハンター。

現地参加組の皆さま、暑い中大変お疲れ様でした。

その後は会場を移動し謝肉祭の準備…

そういう日に限って忙しいというのはよくあることで。

クラウドハンターとしては当日に鹿1頭だったのだけど、やっさんの罠で鹿2、猿1の捕獲。

パーティの準備をする最中、急遽参加者の皆様で内蔵処理をしたり。

対自然は全く思いもしない結果を生むことがある。

狩猟講座もプランAでは対応不可な世界。

基本はプランB、アドリブの世界。

謝肉祭、自分からは熊肉の唐揚げを提供。

塩、にんにくの後に最後はマキシマムを使って整える。

間違いないやつ。

食べながら、飲みながらの3週間の振り返り。

センサーカメラに映った資料を見ての説明。

今回自分的にも新しい発見があり、センサーカメラ、、馬鹿にならんなぁと実感してます。

食べる、飲むより解体に没頭する参加者。

そりゃね、自分が選択した位置で捕獲した獣だもんね。

クラウドな見回りとはいえ、やっぱり獲れた喜びは最高でしょう。

奪った命は最後まで頂く。

その気持ちを持って今後狩猟に関わっていただけるのならば、自分たちとしても本望です。

参加者の皆様、大変大変お疲れ様でした!

またどこかでお会いしましょう!

夏の狩事情とお知らせ前のページ

餌付け考察と罠オーナー制度の終わり次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. シンプルイズ
  3. お知らせ
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    山歩くこと

    一言で猟師と言っても実際は色々あって。まず狩猟行為を行うには…

  2. Hunting

    狩本番

    今年一番多いメンツが揃う。ようやくこの時期が来たなといった感…

  3. Hunting

    春!?

    基本猟期は2月15日で終わり。だけど岐阜県は3月15日までニ…

  4. Everyday

    山行きの合間

    近くの道の駅「白尾ふれあいパーク」で催し物。お世話になってい…

  5. Hunting

    食探し

    キノコ。水上淳平先生に学ぶ。…

  6. Hunting

    土佐の国

    狩猟講座にて初上陸。とは言え参加者の皆様はすでに狩猟頑張って…

Pick up

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    ラ・なんとか
  2. Hunting

    緑もりもり
  3. Cafe

    美味続々と
  4. Hunting

    なめす
  5. Hunting

    罠のメンテナンス
PAGE TOP