Hunting

ここのところの罠事情

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

ここのところ。

自分が罠をかけるエリアはこの4月あたりは毎年苦戦。

餌場少なく鹿は群れる。

だから一極集中的に獣が集まり居ないとこには全く居ない。

とは言え、もう4年目。

それなりの対処法で徐々に捕獲は上がっています。

やりにくいけど。

一昨年は豚熱の影響で反応悪かった猪。

今年はなんか割と罠にかかる。

増えたのか?と思う部分もあるけれど、この時期は雪で南下した猪が北上する時期でもある。

今年は雪がぼちぼちだったから南下した猪も多い。

だから雪も消えて戻る猪も多い。

それゆえに渡道でかかるのかな?と。

今回はデカかった。

でっかい雄。

遠くから見て「え?熊?」なんて思うやつ。

周囲環境ぼこぼこ。

逆光で見た目割と黒い。

ビビりながら近付くと猪の尻尾が見える。

ホッとしたのも束の間、どう見ても大きい。

副蹄までしっかりくくり、運よくワイヤーが周囲の細木を巻き込んで動けない状況。

とは言え怖い相手なのでちょっと離れてスラッグ弾を撃つ。

猪の逆襲、本当に気を付けねばなりません。

毎年この反撃で命落としている人がいます。

この牙で切られたら…場所が悪ければ失血死。

狩猟には危険はつきもの。

でもそのリスクをどこまで減らすかは本人の心がけ次第。

奥山へ行く事が多い自分。

最大限気を付けていきたい。

安全第一。

ここのところ農業関係者からのヘルプコールが増えています。

住みよい里山を作り、維持するのも大変なのです。

気持ち新たに、自分に喝を入れ、ひたすらに山に入る日々。

庭づくり前のページ

マメトラ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. 鹿ローストのサンド
  3. ReBorn
  4. 六ノ里の蔵開き
  5. 7月のNATURAL KEDI

関連記事

  1. Hunting

    VS猿群

    久々のそれなりの雪。気が付けば薪ストーブ用の薪もあとわずか。…

  2. Hunting

    深まる

    秋も深まり、色合いも深まる。いつもの山行きも気分が変わります…

  3. Hunting

    罠オーナー制度終盤

    猪鹿庁プレゼンツの罠オーナー制度。現在終盤に入っています。…

  4. Hunting

    狩職

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。これまた先日の…

  5. Hunting

    解体

    獣を捕獲したら次は解体。鹿は見た目が可愛いという事もあり、躊…

  6. Hunting

    猟法の切り替わり

    寒い。朝の冷え込みが体に応えます。現在の山行きルーテ…

Pick up

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    謝肉祭なるもの
  2. Everyday

    雪、降り続き
  3. Everyday

    六ノ里棚田にじいろプロジェクト2021
  4. Hunting

    真っ盛り
  5. Everyday

    本質的到達点
PAGE TOP