Hunting

ここのところの罠事情

※この記事には凄惨な写真がアップされています。

ここのところ。

自分が罠をかけるエリアはこの4月あたりは毎年苦戦。

餌場少なく鹿は群れる。

だから一極集中的に獣が集まり居ないとこには全く居ない。

とは言え、もう4年目。

それなりの対処法で徐々に捕獲は上がっています。

やりにくいけど。

一昨年は豚熱の影響で反応悪かった猪。

今年はなんか割と罠にかかる。

増えたのか?と思う部分もあるけれど、この時期は雪で南下した猪が北上する時期でもある。

今年は雪がぼちぼちだったから南下した猪も多い。

だから雪も消えて戻る猪も多い。

それゆえに渡道でかかるのかな?と。

今回はデカかった。

でっかい雄。

遠くから見て「え?熊?」なんて思うやつ。

周囲環境ぼこぼこ。

逆光で見た目割と黒い。

ビビりながら近付くと猪の尻尾が見える。

ホッとしたのも束の間、どう見ても大きい。

副蹄までしっかりくくり、運よくワイヤーが周囲の細木を巻き込んで動けない状況。

とは言え怖い相手なのでちょっと離れてスラッグ弾を撃つ。

猪の逆襲、本当に気を付けねばなりません。

毎年この反撃で命落としている人がいます。

この牙で切られたら…場所が悪ければ失血死。

狩猟には危険はつきもの。

でもそのリスクをどこまで減らすかは本人の心がけ次第。

奥山へ行く事が多い自分。

最大限気を付けていきたい。

安全第一。

ここのところ農業関係者からのヘルプコールが増えています。

住みよい里山を作り、維持するのも大変なのです。

気持ち新たに、自分に喝を入れ、ひたすらに山に入る日々。

庭づくり前のページ

マメトラ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. お知らせ
  3. ReBorn
  4. 鹿の蒸留酒
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    コール猟

    暑い夏も徐々に過ぎて涼しくなり始めました。去年はドングリ等獣…

  2. Hunting

    山の鳥

    雨降りは獣が動く。なんてワードをよく聞きますが、猟師のみなさ…

  3. Hunting

    waiting…

    狩猟の絶好チャンスの数日間。狩りにも行けず悶々と。せ…

  4. Hunting

    感覚

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています待望の雪。…

  5. Hunting

    VS猿群

    久々のそれなりの雪。気が付けば薪ストーブ用の薪もあとわずか。…

  6. Hunting

    振り返りと決意

    ここらの地域ではオス鹿の発情期が過ぎたかなと言ったところ。夏…

Pick up

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    当たり前に感謝
  2. Everyday

    密着系
  3. Everyday

    未来への種蒔き
  4. Hunting

    エピローグ
  5. Everyday

    六ノ里の米が主役ってやつ
PAGE TOP