Everyday

表現と役割

分かりやすいものに人は惹かれる。

でもそこに奥深さは見出しにくく、表面上の伝達力に止まりやすい。

動くものから止まるもの。

色づくものから色褪せたもの。

更には絵でもなく文字のみへ。

一見伝わりにくくはなるが、人の想像する部分は増え深みは増す。

どんな風に動いているのだろう。

どんな色なのだろう。

どんな情景なのだろう。

情報を減らせば減らすほど物事の本質へ誘う。

一方的な情報伝達なのか、はたまた送る情報で感覚反応を促すのか。

分かりやすく表現できる人は凄いと思うし、省いたもので表現できる人もこれまた凄い。

分かりやすいと分かりにくい。

一見前者が良いようだけど、そこでどこまで掘り下げれるのだろうか。

見せ方から感じ方へ。

本質の追求。

もちろんどちらが良いとか悪とかじゃなく、何でも入り口は広くすべきだし、そこから深みへの誘惑も必須。

要は表現にも色々と役割があるという事。

銃の季節前のページ

第2次作付け次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. 鹿の蒸留酒
  3. うちの兄妹
  4. シンプルイズ
  5. 7月のNATURAL KEDI

関連記事

  1. Everyday

    GOW2021 DAY3

    GUJO OUTDOOR WEEK 2021撮影日3日目。…

  2. Everyday

    食の里

    六ノ里での美味しい食三昧。ダンスを極めた男はカレーを極めんと…

  3. Everyday

    里山とCOVID-19

    新型コロナウィルスが蔓延する中で、自粛ムードは完全な自粛へ。…

  4. Everyday

    本質的到達点

    農家の日常。ただひたすらに愚直に自然と向き合う。結果…

  5. Everyday

    六ノ里の赤い橋

    子供を連れて散歩に。木々の中を歩く道。…

  6. Everyday

    成長欲

    変なおじさん。(GoodJobLab)最近ちょいちょいイジっ…

Pick up

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    take outとか
  2. Hunting

    解体
  3. Hunting

    カンジキ
  4. Hunting

    もう1つの愛用品
  5. Hunting

    お猿さん
PAGE TOP