Hunting

続・餌付けとか

ヘイキューブを使ったニホンジカへの餌付けの実験の続きと考察。

とりあえずは湿って崩れてしまったようなキューブよりは、乾燥体の方がよく食べる。

乾燥体はニホンジカが餌と認識さえしていれば、一晩で無くなるイメージ。

湿って崩れたやつは食べなくもないが少しだけ。

米糠に対する反応に似ている気はする。

餌付け後の天候は要注意か。

同じ場所で2頭ほど捕獲してから状況は良くない。

ヘイキューブを食べには来ているのだけど、ニホンジカがすごく警戒しているのが分かる。

罠には近寄らないのだ。

今まで捕獲した個体と同じ群れなのかもしれない。

仲間の捕獲される瞬間を見ていた可能性は高い。

しかし、それでもなお食べに来るということは、味としてはきっと絶品なんだと思う。

そういう意味では、一度かかった罠は位置をずらして再設置が効率良いかもしれない。

あ、あと写真のようなくくりわなのワイヤー剥き出し状態は、スレた個体には良くないと思う。

ちゃんと隠そう。

もうしばらく実験継続。

こちらは乾燥トウモロコシを使用したイノシシの餌付け。

対豚熱(豚コレラ)対策の事業の一環。

餌付けをして、ワクチンを食べさせて、耐性をつけるって戦法。

もう何年経ったか分からない。

ひたすらに繰り返す中で、たまに豚熱陽性の個体が減るも、その後再燃の繰り返し。

ここんとこのコロナみたいな感じ。

いつまで続くのかなぁ。

早く「普通」にイノシシを流通に出せれるようにしたいよね。

餌付けといえど目的はそれぞれ。

獣の習性も踏まえ、まだまだまだまだ…学ぶことは多い。

たけのこ前のページ

なめす次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. SMOKED VENISON GIN
  3. お知らせ
  4. 六ノ里暮体験
  5. ReBorn

関連記事

  1. Hunting

    シューティングゲーム

    郡上市総合体育大会クレー射撃競技の日。銃を持っていない方には…

  2. Hunting

    銃の季節

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。ぼちぼちコール…

  3. Hunting

    適応力

    道端にふと目が行く。毎日山の中にいると、ふとした変化もすぐに…

  4. Hunting

    生き甲斐とか

    捕獲の繁忙期も一旦落ち着き。…

  5. Everyday

    心の触れ合い的な

    酒を飲むと記憶があやふやになるようになったこの頃。安心して楽…

  6. Hunting

    ある日の罠猟

    ちくしょう。イノシシ対策のくくりわな。空弾きしてしま…

Pick up

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    密着系
  2. Everyday

  3. Hunting

    くくるところ
  4. Hunting

    夏の鹿
  5. Everyday

    七五三
PAGE TOP