Hunting

マニュアルガン

恥でしかないが近況報告。

自動銃が手動銃になった。

狩猟として個人事業で開業しておきながら持っている銃は1丁。

趣味で狩猟やっていても何丁か持っているのが割と普通。

予備があれば素直に修理に出せるが1丁しか無いとなれば毎日使うから手放せない。

自動銃は3連発で撃てて、撃つたびに自動で勝手に次弾装填されるから自動銃。

なのが自分の場合は自動装填されない。

写真のように遊底が自動では閉まりきらない。

故に手動銃。

仕上げは自身の手で遊底を閉じる。

もしかしたら撃ち過ぎて銃床内部のバネがへたったのかなんて思ってみたが、そういえばそもそも銃床開けたこと無かった…

ビビった。

錆だらけやないか。

水溜まっているし。

当時購入した銃砲店の店主が「そこは開けなくて良い」なんて言っていたから間に受けていたが、絶対チェックしないと駄目なやつじゃないのか?

後の祭りとはこの事か。

可能な限り清掃するも症状の改善は無い。

きっと部品交換しないとダメなやつだ。

幸い使えない訳じゃないし、罠の止め刺しに使うくらいなんともない。

そして銃猟ではありがたいことに弾が良く当たる。

三連発のメリットはもう要らないかもな…

この銃も体に馴染んでいるので手放す気はまだ無いけど、そろそろ次を考えないと。

新らしいモノが手元に来ればこの銃も修理に出せる。

さぁ次どうしよう。

貧乏猟師には大変な出費だ。

ちなみに銃の外観にも錆出てるけど、この時期手に汗掻いて山歩いていると1日で錆びる。

メンテが大変な時期でもある。

直売所前のページ

ある日の六ノ里次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. シンプルイズ
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. ReBorn
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Hunting

    緑もりもり

    冬に葉が落ちハゲた山も、5月に入り緑で溢れました。なんと言う…

  2. Hunting

    秋の山

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています獲れ高激減の7、…

  3. Hunting

    闇も書き捨て

    多々思うところあり。というか愚痴。前回の記事でサラッ…

  4. Hunting

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています雪も少しずつ溶け…

  5. Hunting

    生きる知恵的な

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています猪鹿庁主催のハン…

  6. Hunting

    本番間近

    自分たちの地域での狩猟の楽しみは雪が積もってからこそ。まだ少…

Pick up

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    寒の作業
  2. Everyday

    未来への種蒔き
  3. Everyday

    秋冬の野菜
  4. Hunting

    追跡者
  5. Everyday

    オールドレンズ
PAGE TOP