Hunting

いつかのいつもの話

※この記事には凄惨な写真がアップされています

捕獲をするという事は、その後に解体して食べるという事である。

なんて言えれば格好良いが、捕獲中心で頑張っていると解体をしている時間も体力も全くない。

この時期は有害駆除としてイノシシやニホンジカを捕獲推奨している地域がある。

ここ岐阜県郡上市もそう。

だけど実態は駆除メインで、大半の個体は埋設か焼却。

いくら獣害があるとはいえ何だか辛い現状。

幸い先輩猟師がジビエITAYAを経営しているので、自分の場合はほぼ全てそこへ搬入。

少しでも奪った命を活かしてもらえるなら幸い。

自分の心にも優しい。

とは言え複雑なことも多々あり。

岐阜県は未だイノシシから豚熱感染個体がごく少量ながら出る状況。

イノシシが獲れた場合は基本的に消毒埋設か焼却、それか自家消費のみの使用。

イノシシの生肉は売買どころか譲渡もダメ。(※非常に厳しい条件のもと売買可能ではある)

加熱調理後の譲渡は可能。

ちなみに感染個体を人間が食べても問題はない。

要は豚熱のウィルスを人間が持ち出して、養豚に感染させることを防ぎたいって趣旨なのだろう。

何が言いたいかというと、この時期ニホンジカが獲れた場合はジビエITAYAへ搬入したらいいのだけど、イノシシが獲れた場合はどうしようもないという事。

とは言え奪った命をただ捨ててしまうのも心が痛い。

しんどいけど捕獲から解体。

今回は仲間達の協力もあって実にスムーズに完了。

ありがたい。

成獣のメス個体。

この時期には珍しく少々脂もある。

せっかくなので美味しくいただきまくりたいと思います。

あ、加熱調理済みなら他人にも出していいのか。

機会があれば大事な方々に振る舞おう。

そうしよう。

六ノ里の直売所前のページ

進む遊歩道整備次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. 鹿の蒸留酒
  3. シンプルイズ
  4. ReBorn
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    守備の観点から

    過日。巻狩(グループ猟)の日。…

  2. Everyday

    獣好き

    豚熱。豚コレラ。みんな覚えてる?日本…

  3. Hunting

    終盤戦

    降雪後はボーナスタイム。のはずも結果から言えば捕獲ならず。…

  4. Hunting

    春、肉

    猟期も終わり、郡上市の場合はそのまま有害駆除の時期へ。細かい…

  5. Everyday

    本能をくすぐる

    田舎のもてなし。狩猟者として食べてほしい飯。調理の専…

  6. Hunting

    くくるところ

    鹿や猪は片足に蹄が4本あります。メインを主蹄、少し後ろを副蹄…

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    満開目前
  2. Cafe

    鹿ローストのサンド
  3. Cafe

    嗜好と至高
  4. Everyday

    小さな運動会
  5. Cafe

    営業再開
PAGE TOP