Everyday

山の仕込み

そろそろかな。

目的地狙いのハンティングならともかく、渡り道を狙う罠猟はぼちぼち頃合いな気がする。

狩猟をする上ですごく大切なのが、地域ごとの環境と植生を理解すること。

雪が降るか降らないか、対象とする獣の好きな食べ物の分布と時期。

ようやく草木に緑が出始めた今。

どこでも餌が補給出来るようになれば、鹿の群れも解散し分散。

そして渡り道に獣もうろうろし始める。

最高な渡り道のこの尾根は、ここのところ近くの林道で大掛かりな工事を実施。

工事車両の往来が多く中々入り辛いのと、騒音でうるさ過ぎるのもあって罠も撤収。

待つこと1年。

どうやら工事が終わった雰囲気をみせたので、早速山頂まで登る。

分かりきった場所ということもあり、罠を設置する獣道も決まっている。

枯葉を退ければ、過去に罠を設置していた跡がそのまま出てきたり。

罠を仕込む。

仕込む。

仕込みまくる。

地図上は大きな尾根だけど、程よい位置まで林道があるおかげで登るのは200m程度。

数往復してひたすらに罠を仕込む。

ここは本当に良い渡り道。

南北に大きく連なる山の尾根で、他の山の尾根は大きな道路や人工物で完全にシャットアウトされている。

つまり獣が南北を移動したいならここしかない。

人間界で例えるなら、東名、新東名を完全シャットアウトするようなもの。

今年はどれだけ獲れるのだろうか。

期待大。

汗水垂らして往復した仕込み祭り。

おかげさまで一晩でヒット。

やっぱりここは良いところ。

それも全てはひたすらに自分の足で稼いで得た経験からなるもの。

きっとまだまだ他にもこんな場所あるんじゃないのかな。

もっと山を歩かねば。

余韻前のページ

生きる知恵的な次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. ReBorn
  3. シンプルイズ
  4. 六ノ里暮体験
  5. お知らせ

関連記事

  1. Everyday

    オンリーワン

    ある日。撮影現場で見る機材達。つい気になって…

  2. Everyday

    モノクローム

    たまにブラっと歩いて来てみるこの場所。20代、まさに青春の全…

  3. Everyday

    景観整備への道 第2回

    以前運んだ栗の木の丸太。※詳細はコチラ天候の都合で予定より遅…

  4. Everyday

    六ノ里自治会栃洞組

    六ノ里。6つの村が集まった里。1.橋詰2.高…

  5. Everyday

    表現すること

    思いを伝えるのは映像だったり、言葉だったり。簡単な事象であれ…

  6. Everyday

    生きる基盤とか

    スノーボーダー時代からのある意味腐れ縁な友人と会談。会社員、…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    waiting…
  2. Everyday

    保全作業
  3. Hunting

    クラウドなハンターの終わり
  4. Cafe

    近頃のイコスコーヒー
  5. Hunting

    大群
PAGE TOP