Cafe

LAOSでiicos

iicos coffee(イコスコーヒー)

イコス…郡上弁的なやつ。

やらかしてしまった的なニュアンスもある。

イコス(イコいてまう)くらいの酔狂的な美味しいコーヒーを探究する仲間達の集まり。

photo by Alchemiae,inc.

先日ラオスよりコーヒー豆が郡上に到着。

仲間達の間で話した夢のひとつ。

いつかダイレクトトレードでコーヒー豆を仕入れたいね。

ダイレクトトレードは生産者と直接取引して仕入れること。

商社も無ければ中間マージンも発生しない。

だからこそ生産者にちゃんとした対価を支払うことができ、更には家族のような付き合いができて、情報のやり取りの中で豆の品質を上げていけれると言うメリットがある。

そのためにも生産者に正規の対価が届くことが必要。

今回はまだ少量ではありますがここ郡上にてダイレクトレードが発生。

農家さんと僕らコーヒーピープルとの掛橋が出来ました。

ここからは各個人の研究です。

ロースター、バリスタ、それぞれの立場でこの豆の可能性を探っていきます。

自分としてはエスプレッソの可能性の追求に没頭したいと思います。

エスプレッソに関しては他の抽出方法と一線を画します。

バリスタの技術でかなり幅広い範囲で表現が可能なのです。

当然理想の抽出を維持するには高度な技術が必要。

だからこそ可能性は無限大。

ここから徐々に多くの賛同者の方々に関わっていただき、一農園のみならずコーヒー豆を生産する農村自体も応援していけたら素晴らしい。

今回輸入に関して尽力いただいたアルケミエの辰巳さん、ロースティングで調整いただいているsupple coffee roastersの岩田さんには感謝でしかありません。

自分自身で出来ることはラオスのエスプレッソの可能性の追求。

多分、というかきっと、いや絶対、当店のエスプレッソは進化します。

ラオスの伸び代にかけてみたい。

一人では大変。

でも今は仲間がいる。

コーヒーラーバーの熱量は高まるばかり。

DATA」

【産地】 Phou Din Deang Village, Paksong City 【栽培地標高】1224m

【品種】ティピカ ກາເຟນ້ ອຍພື້ ນເມື ອງ 【精製】ウォッシュド

【栽培者】 Mr. Syboun Keokhampaseuth 2020.12 月収穫

【精製者】 Mr. Bounlap Keomanivanh

【インポーター】Alchemiae,inc.

2年目の発表会前のページ

感謝の相互次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. お知らせ
  3. うちの兄妹
  4. 鹿の蒸留酒
  5. ReBorn

関連記事

  1. Cafe

    サプる

    前回のオープン直前訪問より間を明けて、オープン後に訪問。先日…

  2. Cafe

    庭づくり

    庭の修理、というか一部改装なのか。カフェ側の庭の境には古民家…

  3. Cafe

    鹿ローストのサンド

    良い肉が手に入りました。自分で山に行き鹿を捕獲。その…

  4. Cafe

    再開のお知らせ

    kedi cafeの雪景色。どうやらここらで終わりかな。…

  5. Cafe

    季節も変わり

    梅雨明けて夏入り。そしていきなりの猛暑日。…

  6. Cafe

    未来への種まき的な

    何だか分単位での移動が多い今日この頃。昨日は母校郡上高校で企…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    2021夏
  2. Everyday

    酒と音と車
  3. Everyday

    ある日の六ノ里
  4. Everyday

    秋冬の野菜
  5. Hunting

    罠猟講座
PAGE TOP