Hunting

アウトプットの形

いつもの講座、ではなく企業向けの研修的な。

自分たちにとっての当たり前は、他の人にとっての未知。

これからの事業の、それこそ参加者の人生にスパイスをかける事が出来るのか。

実際に雪山を歩きリスクマネジメントの話も。

こと狩猟となればその他諸々のリスクもあるわけで。

最後は獣の解体まで。

すごく熱心な参加者の皆様。

実際にこの業界で起きている課題や改善策なども真摯に考えていただき感謝です。

自分自身がいつも言うのは、趣味や楽しみとしての狩猟と、獣害対策としての業務はしっかり切り離して考えるべきと思っています。

全てを同じ猟師として括ることに問題の根幹があると考えます。

趣味としての猟師の担い手を増やすことも大事だけど、獣害対策(捕獲、追払い、防御)できる人材の育成こそ急務。

もしかしたら山の環境を変えることも大事なのかもしれない。

しかしそこに発生する技術、労力に対する対価が薄利であり過ぎることから、新しい担い手も出てこないという事実。

事実ベースとして趣味でしか出来ない現状。

趣味でやってては獣害対策出来るレベルになんか到底なれないのに。

課題は山積み。

対極前のページ

未来志向次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里暮体験
  2. シンプルイズ
  3. お知らせ
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. 六ノ里の蔵開き

関連記事

  1. Hunting

    闇も書き捨て

    多々思うところあり。というか愚痴。前回の記事でサラッ…

  2. Hunting

    出張の解体講座

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています普段の参加者募集…

  3. Hunting

    ある日の犬猟

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています巻狩、犬猟。…

  4. Hunting

    変遷

    暖冬の中の降雪。スノーモービルの活用は最後のチャンスか?…

  5. Everyday

    GoPro

    購入。貧乏人は前世代のやつで。主には狩猟シーンの記録…

  6. Hunting

    珍獣系

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています相変わらずニホン…

Pick up

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    一区切り
  2. Everyday

    謝肉祭
  3. Everyday

    共生
  4. Hunting

    東へ下る
  5. Everyday

    1年が過ぎ
PAGE TOP