Everyday

年越しの準備

竹灯籠作り。

数年前より始まった年末、年越しの六ノ里三寺参り。※昨年の様子はコチラ

人口200人程度の集落に三つの寺がある。

なんなら神社は4つも。(昔は5つ)

なぜと言われれば、古くは白尾山信仰から白山信仰と人の行き来が盛んな集落だったことが理由なのではないかと個人的には考える。

そんな歴史に関わる箇所を少しでも訪れてくれたらと始まったのがきっかけ。

多分。

カットしてくり抜く。

ひたすらに。

休憩時間は焼きミカンで。

子供の頃は毎年冬に食べていた記憶。

焼くと独特な甘い香りが立ち込めて、何より食べると甘い!

そろそろ年越しの季節だなぁなんて実感も出る食べ物。

食べてばかり。

何がメインの日なのか分からないのが良い。

焼き餅を海苔で巻いて食べる。

みんなで食べればなお旨し。

ついでにBOSSも焼いとく。

今年は各寺1本くらいは木花を飾る竹にしようかと思い少し細工を。

問題は飾るセンスなんだけどね。

そこぞこの寺を見比べると面白そう。

灯籠に穴を開けて細工するようになって少し見栄え良くなりました。

人手の問題もあり急に豪華な飾りとはいきませんが、徐々に細工した灯籠も増えています。

住民自らが時間と年月をかけて無理のない範囲で良くしていく。

小さな積み重ねがあってこそ大きな結果へ繋がる。

大事なことはその一歩が踏み出せるかどうか。

六ノ里はゆっくりと、でも確実に前へ進んでいます。

自給前のページ

冬のルーティン次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. お知らせ
  2. 六ノ里暮体験
  3. SMOKED VENISON GIN
  4. シンプルイズ
  5. うちの兄妹

関連記事

  1. Everyday

    信用

    1、2、3次産業。種別は色々あれど、今やその分類にはまらない…

  2. Everyday

    SMOKED VENISON GIN

    捕獲、解体、精肉、燻製、蒸留。写真、コラージュ、デザイン。…

  3. Everyday

    学びの場、表現の場

    たまには郡上市を出て。色々な文化の違…

  4. Everyday

    9割

    木の子に捧ぐ時間。基本はほとんど分ら…

  5. Everyday

    食の根幹

    秋晴れ。天高く馬肥ゆる秋。美味しい食材が豊富な時期に…

  6. Everyday

    妖精の森にて

    急遽開催の「酒屋あぶしん pop up かまびす」…

Pick up

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
パタゴニア

Link




  1. Hunting

    ここのところの罠事情
  2. Everyday

    本能をくすぐる
  3. Everyday

    休み予定
  4. Hunting

    ハンティングスクール
  5. Hunting

    次の依頼
PAGE TOP