Everyday

種蒔き期と収穫期

今年もこの季節。

小さな田んぼが連なる棚田。

面積が少ない田んぼをいくつも刈らなきゃいけないから手間がハンパない。

コンバインが向きを変えやすいように四隅は手刈りだし、出入りするところも手刈り。

大きな田んぼ1枚なら1回で済む手刈り作業も、田んぼの数が多いからいくつも作業しなきゃいけない。

六ノ里に限らずの話だけど、山間地域の田んぼは基本小さいから本当に手間が多いんだよね。

幸い六ノ里の棚田米は味が高評価を受けていることもあって、少しは高値で売れるようになってきた。

だけど自分からすればまだまだ。

労力とは見合わないと思う。

本日我が家は米の検査を終えて、その米を蔵へ収納する日。

そのつもりで親の帰宅を待っていたけど、なんだかほとんどの米を卸す事に決まったみたいでその作業は中止。

六ノ里の米、人気出てきたね。

誇らしい限り。

とは言えその作業をメインで行う親世代も年には勝てない。

そろそろ本気で教えてもらわないといけないな…

そのためにもちゃんと仕事の質上げて、家事に時間作れるようにしないと。

兎にも角にも頑張ることだらけな今。

大変だけどありがたい事だと思う。

さて、ここから11月末までは毎週仕事参加の行事が盛りだくさん。

体が持ちますように。

何より楽しめますように!

種を蒔いて、長い間大切に育てた芽。

ぼちぼち収穫。

ラフ農前のページ

自動銃と上下二連次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. シンプルイズ
  3. 六ノ里暮体験
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. ReBorn

関連記事

  1. Everyday

    年越しの準備

    竹灯籠作り。数年前より始まった年末、年越しの六ノ里三寺参り。…

  2. Everyday

    ステップアップ

    なんとも気持ちの良い朝が続いています。サラッと積もる雪、気持…

  3. Everyday

    六ノ里暮体験

    六ノ里の暮らしの体験。暮らしの基本「衣食住」をテーマに展開し…

  4. Everyday

    原始的

    夕暮れ。熱意が溢れる農家の作業は日が暮れて視界が無くなるまで…

  5. Everyday

    里山の再生

    源蔵寺棚田の再生計画。六ノ里地域づくり協議会の景観整備部が主…

  6. Everyday

    畝作り

    経験で要領も掴み始め…今年は少しは余裕が出たかなと思ったら事件。…

Pick up

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    GOW2021 DAY1
  2. Everyday

    ワイルド
  3. Everyday

    それぞれの暮らし
  4. Hunting

    野生のモデル
  5. Hunting

    本能をくすぐる
PAGE TOP