Everyday

YAMAZAKI家

クラブハウスがきっかけで仲良くなったご一家。

所用があり近くを通過ということで急遽ご自宅へ突撃。

お出迎えは鳥さん。

旦那様が将来養鶏場をしたいということで飼い始めたニワトリ。

元気で人懐っこくて可愛い。

息子は喜び、娘は若干ビビる。

ゴローさん

クミさん

あんな事したいな、こんな事したいな。

酔っ払って毎晩クラブハウスで話したのも懐かしい記憶。

言わばバカ仲間。

あの日々が懐かしい。

生き物と触れ合う。

子供達に貴重な体験をありがとうございます。

そもそもなんでこの人オレンジ帽子にオレンジ服着てるの?って話。

実はゴローさん自分と同じく猟師。

勤め仕事をしつつ狩猟をする人。

忙しい日々の中で、自分が出来る狩猟との関わり方を考えて実践する方。

で、これは何?って言えば鹿の脊椎。

解体して残った骨。

肉付き。

これがニワトリの好物だそうで。

実際食い付きは凄く良く、食べる食べる…

ジビエで育ったニワトリ。

この日はそんな子が産んだ卵を頂いてきました。

食べるのが楽しみ過ぎる。

獣の捕獲から解体、残った部分はニワトリの餌。

ニワトリからは卵のお返し。

鶏糞は田畑の肥やし。

美味しい米や野菜が育つ。

めちゃ良い循環。

「made in 池田山」の放し飼い、「捨てるぐらいならください」をコンセプトに現在準備中。

多くの家庭がニワトリを飼い、ニワトリが庭鳥に戻る日が夢なのだとか。

獣害対策の狩猟と似ているよね。

夢が叶うと同時に自分達の仕事が消える。

でもその頃には新しいステージが見えていて、僕らはきっとそこに向かって進んでいる。

養鶏場楽しみにしています。

ちなみに奥様は人の心を癒す事と自身の好きなことを掛け算して色々と画策中。

今後の進捗が楽しみでならないご夫婦。

その後は近所を散策し将来の話など。

きっと上手くいきますよ。

あとは本人達の本気度次第。

毎日もがいている自分が言うことでもないですが…

お互い頑張りましょう。

しかし可愛いね。

本気で飼いたくなるじゃあないか。

どうしよう。

飼いたい…

前のページ

白尾園次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. シンプルイズ
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. 鹿の蒸留酒
  5. お知らせ

関連記事

  1. Everyday

    GOW2021 DAY1

    GUJO OUTDOOR WEEK 2021…

  2. Cafe

    ライフワーク的日常

    久々の朝の雪かき。今年は出だしこそボチボチ雪降りましたが、途…

  3. Everyday

    新米の季節

    六ノ里もそろそろ米の収穫期。夏の受粉の時期に大雨続き…

  4. Everyday

    進む遊歩道整備

    昨年から始まった六ノ里の遊歩道整備計画。今年も少しずつテコ入…

  5. Everyday

    六ノ里の田植え

    今年もこの季節。六ノ里の棚田の米作り開始。…

  6. Everyday

    学びの場、表現の場

    たまには郡上市を出て。色々な文化の違…

Pick up

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    ある日の六ノ里
  2. Hunting

    ここのところの罠事情
  3. Hunting

    追い込みの初日
  4. Everyday

    六ノ里の直売所
  5. Everyday

    ピクニック的な
PAGE TOP