Cafe

六ノ里のカフェ

ぼちぼちと自分たちのカフェのことも書いていこうかと。

よく聞かれるkedi(ケディ)って何?って質問だけど、トルコ語で猫のことを意味する。

新婚旅行で行ったトルコが最高過ぎて、また猫好きなこともあり、そのまま勢いで現地で名前を決めた記憶あり。

狭い世界しか知らないとダメだなぁって強く感じたのはその時。

色々な文化、生活と触れ合うことによって、どんどんと周りの見え方は変化していく。

これは人と置き換えても全く同じ。

まだまだ世の中知らないことだらけ。

成長するためにも色々と新しいものを見て、新しい人と話したい。

構想時から光を使った魅せ方はあったわけで。

素人なりに必死に考えた間取り、照明、総合的雰囲気。

席数を捨て、居心地の良さに極振りした内容。

何気に暗い雨の日、さらには雪降る日こそ真価を発揮します。

真冬の薪ストーブ、最高だよ。

勘違いされる時も今では減ってきたけど…

オーナーは自分ではない。妻である。

どうしても自分の方が主張が強い性格なので、最初の頃は間違われ気味。

今ではそれぞれ事業を分けて活動しているので、間違いなくカフェは妻が経営している。

現在は子育てをほぼ一人でこなしながらの合間を見てのカフェ営業。

そして今は子供との時間を優先しているので不定休かつ基本土日休み。

人にどう言われようとも、これが今の自分たちの理想の形。

誰のためでもなく自分たちの人生。

自分たちの理想を貫く。

当然提供するモノに妥協は無い。

基本の考えは美味いは正義。

そこに手間暇、金額の計算は後回し。

最終的な価格は原材料費に技術料、空間使用量を加味しての設定。

好きな人に届けば良い。

ターゲットは狭く、深く。

六ノ里を知るきっかけになればと敢えて僻地で始めたカフェ。

今では他にも飲食店や農家、キャンプ場なども増えて六ノ里は絶賛成長中。

他県ナンバーの車の往来もかなり多くなってきた。

人口200人の六ノ里が、ディープな層だけでなく一般的な層にまで目的地化してきているのだ。

もう一踏ん張り、きっともう一歩で何か大きく変化する気がする予感。

その頃には子供たちも手が掛からなくなり、カフェの営業も徐々に戻すことが出来そう。

あと2年、かな。

そんな気がする。

それまで怠けず自分たちも力をつけておこう。

カフェはまだまだ不定休ですが、まずは気軽に美味しいコーヒーでも飲みにきてください。

営業日はkedi cafeのInstagramを参考にしてください。

本質を大切に。

ブレずに成長していきたい。

自分もカフェもそして六ノ里も。

この頃の山事情前のページ

六ノ里の研修次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. シンプルイズ
  3. お知らせ
  4. 鹿の蒸留酒
  5. ReBorn

関連記事

  1. Cafe

    嗜好と至高

    Supple Coffee Roastersより入手のパナマのエスメ…

  2. Cafe

    地産地消

    超良質食材入荷中。六ノ里のしらおシマダファームからは無農薬栽…

  3. Cafe

    季節も変わり

    梅雨明けて夏入り。そしていきなりの猛暑日。…

  4. Cafe

    Smoked Deer Gin

    ついにこの日が…今までの小さなステップの積み重ね。狩…

  5. Cafe

    好きと継続

    20代前半よりただただ趣味で続けてきた写真。20年近く経過し…

  6. Cafe

    試行錯誤

    先日保健所にて食品衛生法との兼ね合いで色々相談してきました。…

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    新年
  2. Everyday

    ミラーレス
  3. Everyday

    愛農かまどパーティー
  4. Everyday

    市長と懇談会
  5. Everyday

    食べて唄って踊る
PAGE TOP