Hunting

節目

狩猟に興味を持つ人が増えています。

趣味としての狩猟から、里山保全として、そして仕事の一つとして。

夏場の罠の見回りから冬は銃猟まで、ここ一年で随分と同行希望者が増えてきました。

この時期の内容はただひたすらに罠の見回り。

捕獲が有ろうが無かろうが、ただひたすらに見回り。

移動しては山を登り降りてくる。

私自身、獣害から里山を守るという思いのもと猟師になったので、意識の高い若手の増加は大歓迎。

猟師が増えると、獣が減るとか獲れにくくなると言う縄張り意識が強い方もいる業界ですが、まずは住民の生活を守る事が大前提なので自分は大歓迎。

それにこれから超高齢化に伴い捕獲技術がある猟師がどんどん減っていきます。

今後の未来の話です。

先を見据えましょう。

獣害が少なくなり、水源の維持も出来る環境づくり。

いつか私自身「本当に獲れなくなった」と言える日を楽しみに待ちます。

※捕獲シーンが映っています。苦手な方は再生をご遠慮ください。

冬の銃猟。

グループ猟の一つ、猟犬を使った巻狩。

以前郡上藩江戸蔵屋敷で放映された様子をご覧ください。

狩猟といえども分野は色々あり。

自分に合ったスタイルで各々関わっていければ良いかと思います。

光学機器前のページ

教育次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. 六ノ里の蔵開き
  2. お知らせ
  3. うちの兄妹
  4. 鹿の蒸留酒
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Hunting

    単独猟

    ※この記事には凄惨な写真がアップされていますグループでの猟も…

  2. Hunting

    深まる

    秋も深まり、色合いも深まる。いつもの山行きも気分が変わります…

  3. Hunting

    鹿の個体数

    近年は鹿が非常に増殖しており、里山での獣害や山林での生態系等環境のバ…

  4. Hunting

    光学機器

    今年より初導入の光学機器。何がいいか悩んだ挙句、設置したのは…

  5. Hunting

    もがいて伸びる

    猟期も後半戦。最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降…

  6. Hunting

    備忘録

    猟師4年目。猟期も前半戦から後半戦へ。1年目は右も左…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    満開目前
  2. Hunting

    ヌタウチ
  3. Everyday

    愚直一直線
  4. Everyday

    米作り
  5. Everyday

    秋冬の野菜
PAGE TOP