Hunting

獣と道

猟法の1つわな猟。

更にはわな猟の中の1つ「くくりわな」

猟法には大きく分けて銃猟とわな猟と網猟があります。

そしてわな猟には「くくりわな」「はこわな」「囲いわな」「はこおとし」など。

わな猟で一般的に多いのは「くくりわな」と「はこわな」

私がわな猟で行なっているのはくくりわなのみ。

構造はいたってシンプルで、ワイヤーとバネを使ったもの。

踏み板を獣が踏むと、ワイヤーがバネで締まり獣の足を捕捉するというもの。

単価も安く設置も簡単ではあるが、獣が歩くその一歩をピンポイントで踏み板に乗せなければならず何気に技術がいる代物。

設置のコツは色々あるけど、一言で言うなら獣が通りやすい獣道を見つけると言うこと。

その道の見立てと、罠の設置の仕方。

良い道は平均して獣が通ります。

一度獣を捕捉すれば暴れるので当然道は荒れる。

荒れれば獣に警戒されるが、良い道はそれでも通る。

なのでその罠はそのまま設置。

道は荒れるので多少小細工はしますが。

季節やその年の植生、獣のスレ具合など条件によって違いは出てきますが、それに合わせて捕獲するには間違いなく技術が必要でしょう。

私は猟師を始めて3年目になりますが、それでも毎年気候の変動で餌場も変わり、獣の動きが毎年違うことは分かります。

捕れない言い訳なんて実際は何一つ無くて、あるのは獲れる理由だけ。

私は捕獲技術の向上を徹底して取り組んでいるタイプの猟師なので、捕獲頭数にこだわります。

いつかその技術をまとめて伝えれるようにするのが目標。

狩猟を通じた里山保全。

植生の保護管理から水源の維持管理、農家の獣害対策まで。

次世代へ繋ぎたい思いです。

里山とCOVID-19前のページ

外飯次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. うちの兄妹
  2. NATURAL KEDI
  3. 鹿ローストのサンド
  4. ReBorn
  5. 公開トレーニング

関連記事

  1. Everyday

    美味しいところ

    ここのところで需要があるのでひたすらに捌く。そしてスライスす…

  2. Hunting

    渡るところ

    春先のニホンジカは新芽が豊富な里山の田畑に集中します。個体の…

  3. Hunting

    雪よ積もれ

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。苦手な方はこれ…

  4. Hunting

    もがいて伸びる

    猟期も後半戦。最初はまとめて雪が降ったものの、その後はほぼ降…

  5. Hunting

    守り繋ぐ

    他の生を奪い自分は生きている。と言うか生物は皆そうだ。…

  6. Hunting

    解体三昧

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています。狩猟三昧とくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Everyday

    春近し
  2. Everyday

    百花繚乱
  3. Everyday

    2年目の発表会
  4. Hunting

    夏の鹿
  5. Hunting

    もがいて伸びる
PAGE TOP