Cafe

エスプレッソというもの

カフェを始めるにあたってパンを焼くのが好きだったのもあり、パンとコーヒーとの組み合わせは最高よねって軽い気持ちでコーヒーをかじったのがきっかけ。

元々どこかで専門的な修行や勉強をしたわけでなく、純粋な趣味の延長だったのもあり「ラテアートとか出来たらいいね」なんて気軽な考えでスタート前は構えていました。

ところが…

コーヒーの、特にエスプレッソなんて特段専門分野にいきなり首を突っ込んだものだから超苦戦。

メッシュ(豆の挽きの荒さや細かさ)、リベリング(いかに粉を均等に敷くか)、タンピング(豆のコンディションに合わせた押し固め)、抽出(豆のコンディションに合わせた湯温、抽出圧の調整)

その全てがその日の気温、湿度に左右され、さらには日内変動が大きく、常に細かく調整し続けなくてはいけないという代物。

調整が少しでも狂えば味は格段に落ちる。

本当ならば常に専属でバリスタが張り付かなければ美味しいエスプレッソは維持できません。

なんというモノに手を出してしまったのだと思う反面、自分らしさを表現できる最高のジャンルだとも言えます。

特に今は高品質で農園ごとに特徴が大きく変わる「スペシャルティコーヒー」も種類が増え、そこにブレンドや焙煎方法の変化が加わり表現方法は無限大。

そんな中で如何に自分達が求める味を追求し、高いレベルで表現し提供するのか。

そんなオタクでマニアな世界を納得値まで上げてこそプロなのかと。

常に高いレベルに行けるよう頑張りたいです。

追伸…

現在岐阜県は非常事態宣言発令中のため、実店舗は自粛して休業中です。

自分達の思う美味しいコーヒーをまたお客様に提供出来る日が早く訪れることを願いつつ。

辛い時期ですが、早くコロナウィルスが落ち着く日が来ることを待ちましょう。

食み跡前のページ

里山とCOVID-19次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 六ノ里の蔵開き
  3. うちの兄妹
  4. 鹿の蒸留酒
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Cafe

    情熱系

    開業当時から真剣すぎるほど馬鹿みたいに取り組んだエスプレッソ。…

  2. Cafe

    次のサンド

    おかげさまで鹿肉のサンドは先週で綺麗に無くなりました。初めて…

  3. Cafe

    ハート

    心臓。ゲームなんかで言うライフポイント(体力的な)の象徴。…

  4. Cafe

    supple coffee roasters

    当カフェのエスプレッソを構築するロースターのsupple coffe…

  5. Cafe

    鹿ローストのサンド

    良い肉が手に入りました。自分で山に行き鹿を捕獲。その…

  6. Cafe

    ありがとうございました

    初の公開トレーニングも終わり。誰も来ないかなぁと思ってはいた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    春、肉
  2. Hunting

    本番間近
  3. Everyday

    2021夏
  4. Everyday

    謹賀新年
  5. Hunting

    依頼
PAGE TOP