Cafe

エスプレッソというもの

カフェを始めるにあたってパンを焼くのが好きだったのもあり、パンとコーヒーとの組み合わせは最高よねって軽い気持ちでコーヒーをかじったのがきっかけ。

元々どこかで専門的な修行や勉強をしたわけでなく、純粋な趣味の延長だったのもあり「ラテアートとか出来たらいいね」なんて気軽な考えでスタート前は構えていました。

ところが…

コーヒーの、特にエスプレッソなんて特段専門分野にいきなり首を突っ込んだものだから超苦戦。

メッシュ(豆の挽きの荒さや細かさ)、リベリング(いかに粉を均等に敷くか)、タンピング(豆のコンディションに合わせた押し固め)、抽出(豆のコンディションに合わせた湯温、抽出圧の調整)

その全てがその日の気温、湿度に左右され、さらには日内変動が大きく、常に細かく調整し続けなくてはいけないという代物。

調整が少しでも狂えば味は格段に落ちる。

本当ならば常に専属でバリスタが張り付かなければ美味しいエスプレッソは維持できません。

なんというモノに手を出してしまったのだと思う反面、自分らしさを表現できる最高のジャンルだとも言えます。

特に今は高品質で農園ごとに特徴が大きく変わる「スペシャルティコーヒー」も種類が増え、そこにブレンドや焙煎方法の変化が加わり表現方法は無限大。

そんな中で如何に自分達が求める味を追求し、高いレベルで表現し提供するのか。

そんなオタクでマニアな世界を納得値まで上げてこそプロなのかと。

常に高いレベルに行けるよう頑張りたいです。

追伸…

現在岐阜県は非常事態宣言発令中のため、実店舗は自粛して休業中です。

自分達の思う美味しいコーヒーをまたお客様に提供出来る日が早く訪れることを願いつつ。

辛い時期ですが、早くコロナウィルスが落ち着く日が来ることを待ちましょう。

食み跡前のページ

里山とCOVID-19次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. ReBorn
  2. 公開トレーニング
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. 鹿ローストのサンド
  5. シンプルイズ

関連記事

  1. Cafe

    キッカケ作り

    先日久々にエスプレッソの講習を開催。エスプレッソって何?そも…

  2. Cafe

    雪の気配

    カフェの周囲の葉も落葉し、完全に冬モード。あとは雪でも降れば…

  3. Cafe

    営業再開に向けて

    少しずつ手を加えています。派手に変わる事は出来ませんが、良い…

  4. Cafe

    サプる

    前回のオープン直前訪問より間を明けて、オープン後に訪問。先日…

  5. Cafe

    地産地消

    超良質食材入荷中。六ノ里のしらおシマダファームからは無農薬栽…

  6. Cafe

    コーヒーの勉強会

    久しぶり開催のiicos coffee(イコスコーヒー)のカッピング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Pick up

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Comment

パタゴニア

Link





  1. Hunting

    一区切り
  2. Hunting

    解体
  3. Hunting

    緑もりもり
  4. Everyday

    ある日の撮影
  5. Everyday

    ピカピカ
PAGE TOP