Everyday

昭和なところ

スナックたまこ。

もうかれこれ15年近く行ってなかったけど、前職時代には随分とお世話になったお店。

ママは相変わらず元気で、愛想も良く、可愛らしい。

会うのも久しぶり。

懐かしい。

勝手が分かった人はなんでもセルフなのが笑える。

スナックひろこ。

に、スナックひろき。

悪い顔だ。

お通しの漬物。

一味全力で最高。

老若男女が歌って飲んで。

良い場所だよね。

そんなたまこも1月28日で閉店だって。

ママ、長い間本当にお疲れ様でした。

閉店日はママの誕生日らしい。

今までお世話になった人達、最後まで頑張るママの笑顔を見に行くべし。

昭和な時代がまた一つ消える。

なんだか切なくも悲しくもあるが、時代はどんどん過ぎていく。

師走2023前のページ

雪との戦い次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. SMOKED VENISON GIN
  2. うちの兄妹
  3. 六ノ里の蔵開き
  4. シンプルイズ
  5. 六ノ里暮体験

関連記事

  1. Everyday

    六ノ里棚田にじいろプロジェクト2022

    田植え編。六の里棚田米生産組合の主催となる行事。主催…

  2. Everyday

    練習中

    暗所にて撮影。カメラは光の情報を記録するもの。暗いと…

  3. Everyday

    自給

    ※この記事には凄惨な写真がアップされています豚熱の影響で数が…

  4. Everyday

    基礎づくり

    野菜の育成。ただただ地道な作業。結果が出るのも時間が…

  5. Everyday

    保全活動

    善勝寺桜の保全作業。作務衣の似合う住職を追う。…

  6. Everyday

    生きる基盤とか

    スノーボーダー時代からのある意味腐れ縁な友人と会談。会社員、…

Pick up

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    水に関わる物語
  2. Everyday

    雪、降り続き
  3. Everyday

    EOS R3
  4. Everyday

    そろりそろりと
  5. Everyday

    最後の晩餐
PAGE TOP