Everyday

田舎の農事情 

我が家、と言うか実家の稲刈り。

毎年高齢の親に任せっきりというのが情けないとは思うものの、じゃあ今これが自分にできるかと言えば全く余裕がない現状。

商業農家ではない田舎の家庭レベルの田んぼは基本赤字。

お米を作る手間を考えたら買ったほうが断然お得。

だけど何故続けるかといえば代々続く土地を荒らさないためだったり、周囲に迷惑をかけないためだったりする。

もちろん自分達で食べる物は自分で作りたいという思いもあるが…

最近になって六ノ里は組合を作って美味しい棚田米を作るようになり、それに伴って少しは売値が上がった。

がしかし、それでもようやくプラマイゼロと言ったところ。

これだけ美味しいお米を作っても小規模農家ではそんな現状。

こんな状況だから直近で後継者不足の問題は出ている。

便利な農機具のおかげで作業ははかどる。

だけどその器具を買えば何百万。

大規模にやらないと回収自体は不可能だよね。

少子高齢化の影響が顕著なのが田舎の里山。

その結果、人の生きる糧となる食の根底が揺らいでいるのをよく理解してもらいたいです。

日本のどこかで一つ、また一つと美味しい食を生み出す農家が消えていっている現状を他所の方は知っているのだろうか。

「安心安全」や「味」にこだわらないと言うならどうでも良いのかもしれないが。

今や日本の食料自給率は4割を切る。

日本の食の未来はどうなるのだろう。

舞娘前のページ

バージョンアップ次のページ

パタゴニア

ピックアップ記事

  1. シンプルイズ
  2. お知らせ
  3. うちの兄妹
  4. SMOKED VENISON GIN
  5. 六ノ里暮体験

関連記事

  1. Everyday

    最後の晩餐

    余韻それぞれの準備を積み重ねた年月に…

  2. Everyday

    花盛り

    六ノ里の善勝寺の桜に花桃、レンギョウ、芝桜…どれも見頃で色取…

  3. Everyday

    六日の日

    息子と高鷲スノーパークで雪遊び。…

  4. Everyday

    復旧作業

    毎年恒例とはなってほしくない作業。突風でトウモロコシが倒れた…

  5. Everyday

    成長とか変化とか

    いつものやつ。六ノ里ではいつでも簡単に出来て子供も喜ばせれる…

  6. Everyday

    GOW

    Gujo Outdoor Week「100年先も郡上に遊べる…

Pick up

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
パタゴニア

Link




  1. Everyday

    六ノ里の蔵開き
  2. Everyday

    食から始まる
  3. Everyday

    終宴
  4. Everyday

    おじい会
  5. Everyday

    栃洞の縁日
PAGE TOP